毎日続く、毎日続けるスキンケア

気になるニキビ跡

クリームを塗る

ニキビ改善したい人は、ニキビ跡のことも含まれているでしょう。これは、ニキビが治ったまたは潰してしまった後に起こる色素沈着や瘢痕というものになります。
人によっては、ニキビは病気ではないという人もいますが、これは皮膚疾患になります。
では、どうしてニキビ跡が発生してしまうのでしょうか?ニキビが治ったのに、跡が無くならないという人は毛穴の奥底まで影響が出ているからです。
毛穴の奥底までダメージがあることは、皮膚部分にあるそれぞれの層に影響が出てきます。
表皮部分までの影響であれば、色素沈着によるニキビ跡が発生します。これは、数ヶ月ほど放置しておけば肌のターンオーバーによって治っていきます。
しかし、真皮部分まで影響があると凸凹としてクレーター状のニキビ跡が残ってしまいます。他には、その周りの血液がダメージを受けてしまい赤黒く色素沈着が起こることもあります。

そして、一番奥底の皮下組織までダメージが届いていれば、クレーター状のニキビ跡やしこりのあるニキビ跡が発生します。
こうなれば、完治させることはできないと言われているので、こうなる前にニキビ改善できるようにケアを行なったほうがいいでしょう。
ニキビ改善ができるようにケアしておけば、こういったニキビ跡が残ることのない肌を保つことができます。