毎日続く、毎日続けるスキンケア

皮膚科へ行こう

鏡を見る

ニキビ改善したくても、症状が酷すぎて簡単な治療では改善されないことがあります。
そういった時は、皮膚科や美容皮膚科などで受けられるケミカルピーリングやレーザー治療などを受けてみるのがいいでしょう。
ニキビは、毛穴が詰まっているせいで起こる症状になりますので、詰まっている角質や皮脂を除去しないとニキビ改善することができません。
それに、白ニキビは小さいので見た目的には分かりにくいですが、肌を触ってみるとザラザラとした肌になっていることがあります。
それは、既に毛穴に角質や皮脂が詰まってきている証拠です。この状態で放置しておけば、大きなニキビになりますので、悪化する前に改善する必要があります。
その治療に適しているのは、ケミカルピーリングや面皰圧出になります。ケミカルピーリングは、肌のターンオーバーを整えられる成分を含んだ薬剤を塗ることで古い角質を除去できます。
古い角質を除去できれば、新しい角質を作る環境が整うので毛穴の中も綺麗にできます。
面皰圧出は、皮膚を消毒した上でニキビが発生しているところに針またはレーザーを利用して毛穴を拡げます。
そして、面皰圧出器という専用器具を利用して毛穴の中になるものを押し出します。そうすれば、ニキビも治りが早くなって再発しにくくなります。

酷いニキビは、レーザー治療が最適です。レーザー治療は、毛穴の中にいるアクネ菌を殺菌して毛穴の中を綺麗にします。
そうすれば、ニキビの芯もレーザーによって無くなりますので、毛穴は小さくなりニキビ改善へと繋がります。
他にも、毛が太くなってしまったことで毛穴が開き、そこへ角質や皮脂が詰まってしまうことがあります。
この場合は、レーザーで毛根を無くして毛穴を小さくすれば、毛穴の中も綺麗にできますし、小さくできるので再発できないようにニキビ改善できます。