毎日続く、毎日続けるスキンケア

どうして発生する?

顔を洗った女性

ニキビが発生する原因は、色々とありますが、発生してしまう原理は思春期の頃も大人になってからも同じです。
その理由は、毛穴に汚れと皮脂が詰まってしまうことです。これらが詰まることで、ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖しやすい環境になります。
アクネ菌が繁殖しやすい環境となってしまえば、そこから炎症を起こしてしまって、赤くなったり、膿が溜まったりします。
これは、思春期も大人になってからも同じですが、思春期の頃は成長途中なのでニキビ改善するのは早いです。

では、なぜニキビを発生させてしまう皮脂が毛穴に詰まってしまうのか説明します。
思春期の頃は、成長ホルモンによって皮脂分泌が過剰になります。その為、Tゾーンと呼ばれているところを中心にニキビが発生しやすくなります。
他にも、男性ホルモンの影響でも発生します。このホルモンは、男性よりかは少ないのですが女性でも存在するものです。
大人になってからでも、ストレスなどが原因で分泌量が増えてしまい、毛穴に皮脂が詰まってしまうことがあります。
それに、男性ホルモンは皮脂分泌を過剰にさせてしまうと同時に皮膚の角化を促進させてしまう働きがあるので、肌のターンオーバーが狂ってしまいます。
そして、大人になってから発生するニキビの原因で最も多いのはストレスです。ストレスは、体に悪影響を与えてしまうものなので、様々なバランスが乱れてしまいます。
そうなれば、肌のターンオーバーも崩れてしまい、古い角質から新しい角質へ変化させられない状態になってしまいます。
ですから、ニキビ改善したい人はストレスを解消するのを先に意識したほうがいいでしょう。