毎日続く、毎日続けるスキンケア

ニキビの種類

ニキビを改善する

ニキビの種類は、白、黒、赤、黄というように色によって症状が分かれます。
初期段階の症状は、白と黒のニキビが発生した時になります。
肌のターンオーバーが崩れてしまったことで、古い角質が詰まってしまい硬くなります。そうなれば、毛穴の入り口部分が狭くなってしまいます。
狭くなってしまえば、本来なら生えている毛を伝って皮膚の表面に出るはずの皮脂が毛穴の中に詰まってしまいます。
そうなれば、面皰という白い小さなものが出てきます。これがニキビの初期段階の白ニキビと言われているものです。
そして、黒ニキビは皮脂が酸化してしまうことで先端部分が黒くなります。
白ニキビも黒ニキビも、まだ炎症は起こっていない状態なので、芯と呼ばれているものを上手く押し出せることができれば、綺麗に治ることがあります。
しかし、あくまでも芯が綺麗に取れた時になりますので、無理に押し出そうとしてしまうと炎症を起こしてしまいます。

ここから悪化してしまうと、赤ニキビに発展します。赤ニキビは、完全に炎症を起こしているものなので、下手に触ってしまうと症状を悪化させてしまいます。
炎症が起こっているので、抗生物質などの薬を塗る必要があります。炎症を抑えることができれば、綺麗に治すことができるので赤ニキビの場合は、触らずに薬を利用したほうがいいでしょう。
無理に触ってしまえば、ニキビ跡が残る可能性も高いですし、赤みが残ってしまうこともあります。そうなれば、中々ニキビ改善には繋がらないので慎重に治していくことをお勧めします。
黄ニキビは、赤ニキビは更に悪化してしまうと膿が溜まってしまい、大きなニキビとなって肌に発生します。
このニキビを潰してしまった場合は、ニキビ跡は確実に残ります。それに、症状が酷くなってしまえば、皮膚科などで治療を受けないとニキビ改善は望めないと言われています。